花便り~カーネーション

母の日にはカーネーション。赤色やピンク色が花屋の店頭を華やかに彩っている。

カーネーションの原産は地中海沿岸から西アジアで、原種は一重咲き。古代ギリシア時代から栽培されており、17世紀には品種改良が始まり、現在のような八重咲きやさまざまな色が栽培された。日本には江戸時代初期にオランダから渡来したため、当初「オランダセキチク」と呼ばれた。現在では青紫色のカーネーションも存在するが、これは日本企業サントリーの花部門(現サントリーフラワーズ)と、オーストラリアの植物工学企業フロリジーン(Florigene)との共同研究開発による、遺伝子組換え技術によって誕生したものだ。

もともと、母の日に送るカーネーションの色は白だった。1800年代後半のアメリカで、「母の仕事の日」という活動を始めた女性の命日に、その娘が教会に集まった全員に母が好きだった白いカーネーションを贈ったことが、母の日にカーネーションを贈る起源とされる。アメリカでは1914年に5月第2日曜日が母の日と定められ、日本にもすぐに伝わったが、5月の第2日曜日に行われるようになったのは1949年頃からだという。

年に一度の母の日に、日頃の感謝の気持ちをカーネーションの花に乗せて、愛する人に贈ってみてはいかがだろうか。

花言葉:カーネーション全般「無垢で深い愛」、赤色「母への愛」、ピンク色「女性の愛」「熱愛」「美しいしぐさ」、白色「純粋な愛」「私の愛は生きています」、青紫色「永遠の幸福」

カーネーション:ナデシコ科ナデシコ属の多年草

花便り~カーネーション

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

佐々木 玲

東京都出身。多趣味。日本の伝統文化、芸術、自然をこよなく愛する。「日本ならでは」な、あらゆるもの好き。日本人でよかったと思える情報の発信を目指す。 現在、冬に溜めこんだあらゆるものをデトックスすべく、体を張って実験中。

最新記事 by 佐々木 玲 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. 世界に挑戦するアスリートを発掘 6月から募集開始
    スポーツ庁は19日、全国の将来性豊かなアスリート発掘をする「ライジング・スター・プロジェクト」を実施…
  2. ご当地自慢を探せ! 信州上田の馬肉うどん「なかむらや」
    長野県上田市、JR上田駅のお城出口から徒歩1分のところに、町のうどん屋さん「中村屋」がある。ここの名…
  3. 国土交通省、自動運転戦略本部を設置へ
    国土交通省と警察庁は14日、昨年11月に千葉県で自動運転機能使用中に起こった交通事故について、「現在…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る