花便り~ナノハナ

春を代表する黄色い花、といえばこの花だろう。一面に広がる見事な黄色い花畑を見たことがある方も、多いのではないだろうか。

ナノハナ(菜の花)は春に咲く黄色い花の総称として使われることが多い。よく見かけるのは、セイヨウアブラナ(西洋油菜)という種類だ。別名は、花菜はなな菜花なばな菜種なたね油菜あぶらなで、その種から採取されるのが「菜種油なたねあぶら」だ。花の咲く3月半ば~4月前半に降り続く雨のことを「菜種梅雨なたねづゆ」と呼ぶ。また、春の夜に浮かぶ霞がかった月を朧月おぼろづきというが、これを「菜種月なたねづき」とも呼ぶことからも、古くから日本人の生活に溶け込んでいたことが伺える。

現在でも、花の芽をおひたしやごまあえなどにして食すが、昔は菜種油を食用だけでなく明かりや潤滑油としても用い、油を搾った後に出るかすは畑の肥料にして、無駄なく使っていた。また、花の蜜は蜂蜜の原料となるため、養蜂家は開花を追ってミツバチと共に移動し、暖地から徐々に北上していったという。

俳句では春の季語とされ、与謝蕪村が詠んだ歌「菜の花や 月は東に日は西に」は有名だ。また「菜の花ばたけに、入日薄れ、見わたす山の端(は)、霞ふかし。~」というのは、高野辰之作詞の文部省唱歌「朧月夜おぼろづきよ」。情景が目に浮かんでくるような叙情的な歌だ。

春風のそよ吹く菜の花畑を思い浮かべ、今日も一日、明るく快活に過ごそうか。

花便り~ナノハナ
2016.3千鳥ヶ淵近辺にて

花言葉:快活、明るさ

ナノハナ(菜の花):アブラナ(油菜)科アブラナ属

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

佐々木 玲

東京都出身。多趣味。日本の伝統文化、芸術、自然をこよなく愛する。「日本ならでは」な、あらゆるもの好き。日本人でよかったと思える情報の発信を目指す。 現在、冬に溜めこんだあらゆるものをデトックスすべく、体を張って実験中。

最新記事 by 佐々木 玲 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. 横浜山手西洋館ベーリック・ホール 「ひいなの遊び」20日まで開催
    横浜・山手地区に佇む西洋館の1つ、ベーリック・ホール(横浜市中区)では、ひな祭りにちなんだ装飾を楽し…
  2. 奄美群島国立公園
    鹿児島県の奄美群島が7日、国内で34カ所目の国立公園に新たに指定され、「奄美群島国立公園」が誕生した…
  3. 花粉症の人にはつらい季節がやって来た。ちょうどピークを迎えようとしているスギ、ヒノキ花粉症の人は、日…

アーカイブ

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る