花便り~ユキヤナギ

花便り~ユキヤナギ

暦では春を迎えても、まだまだ雪の話題を目にする今日この頃。花屋でも雪が積もっているような光景を目にした。ユキヤナギだ。

小さい白い花が枝に沿ってびっしりと咲く様子は、雪が積もったように見え、また枝葉は柳のように細長いことからユキヤナギの名前がついた。花が散る様子はまさに雪が降るようで、地面には散った花びらが広がり、まるで白い雪が積もったようだ。白い花を白米に例え、別名「小米花こごめばな」とも呼ばれる。

原産は日本、中国。バラ科に属する。中国では「噴雪花ふんせつか」という、やはり花を雪に見立てた名が、また英名では「Baby’s breath spirea」とも呼ばれ、「赤ちゃんの息のspirea(シモツケ属)」というかわいらしい名がついている。実は花の色は白だけでなく、薄い桃色をしたフジノピンクという品種もある。

開花時期は3~5月頃までなので、本物の雪を見られる時期が終わっても、暖かくなってからゆっくり“雪見”を楽しんではいかがだろうか。

花言葉:愛嬌、愛らしさ、懸命、静かな思い、気まま、殊勝
ユキヤナギ(雪柳): バラ科シモツケ属の落葉低木

花便り~ユキヤナギ
2016.3皇居東御苑にて

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

佐々木 玲

東京都出身。多趣味。日本の伝統文化、芸術、自然をこよなく愛する。「日本ならでは」な、あらゆるもの好き。日本人でよかったと思える情報の発信を目指す。 現在、冬に溜めこんだあらゆるものをデトックスすべく、体を張って実験中。

最新記事 by 佐々木 玲 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. 松山駅の改札を出ると、売店では揚げたてのじゃこ天を売っていた。思わずひとつ注文して、ほおばりながら市…
  2. ミュンヘンで初めて中国語が大学入試科目に
    ドイツ・バイエルン州で、アビトゥーア(大学入学資格試験)の選択科目に中国語が導入され、5日にミュンヘ…
  3. こどもの読書週間 番外編
    国際子ども図書館(東京都台東区)では、絵本を通して世界を知る展示会を開催。また、世田谷美術館(同世田…

アーカイブ

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る