花便り~ヨウシュヤマゴボウ

小さい頃、この実を潰して指先を赤紫色に染めたことがある人は、多いのではないだろうか。

ブドウのような実のつけ方だが、名前はヨウシュヤマ“ゴボウ”。根がゴボウに似ているためだ。学名にあるヤマゴボウ属:Phytolacca(フィトラッカ)は、ギリシャ語のphyton(植物)とlacca(紅色の顔料)が合わさったもの。英名でインクベリー(Inkberry)とも呼ばれている。一度つくとなかなか落ちない、強い染料となる果汁が特徴だ。6~9月に5mmほどの小さな白っぽい花を咲かせる。原産は北米地方だが、日本では明治時代初期に渡来、現在は各地で雑草化している。

食用の「山ゴボウ」はキク科でまったく異なる。ヨウシュヤマゴボウは有毒植物で、全体にわたって毒があるのでご注意を。

花言葉:野生、元気、内縁の妻
ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡):ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属の多年草。別名、アメリカヤマゴボウ。

花便り~ヨウシュヤマゴボウ


The following two tabs change content below.

佐々木 玲

東京都出身。多趣味。日本の伝統文化、芸術、自然をこよなく愛する。「日本ならでは」な、あらゆるもの好き。日本人でよかったと思える情報の発信を目指す。 現在、冬に溜めこんだあらゆるものをデトックスすべく、体を張って実験中。

最新記事 by 佐々木 玲 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. 睡眠中にSTPDケア トラウマ記憶が音で減弱することをマウスで確認
    筑波大学と英オックスフォード大学の共同研究グループは、マウスを使った実験で、睡眠中にトラウマ(心的外…
  2. トヨタ、リハビリ支援ロボットを製品化
    トヨタ自動車は12日、脳卒中などによる下肢麻痺のリハビリテーション支援を目的としたロボット「ウェルウ…
  3. 国立公園と生物多様性について考える 5月13日にシンポジウム開催
    環境省は5月13日、「生物多様性と持続可能な観光シンポジウム~国立公園のインタープリテーションを考え…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る