花便り~レンギョウ

花便り~レンギョウ

枝いっぱいに黄色い花をつけるレンギョウ。よく見ると、一つひとつの花は可憐だ。

原産は中国といわれるが、日本、朝鮮半島、東ヨーロッパにも分布している。日本では古くは「鼬草いたちぐさ」と呼ばれた。元々レンギョウ(連翹)とは、巴草ともえそうという黄色い花を咲かせる草を指していたが、今のレンギョウの木に誤用されて、そのまま名前が定着したという。レンギョウウツギ(連翹空木)という別名もある。英名では「Golden bells(ゴールデンベルズ:金の鈴)」といい、花の咲く様子が金の鈴をつけたように見えるところからその名がついたようだ。

レンギョウと呼ばれるものは、主に普通のレンギョウ、シナレンギョウ(支那連翹)、チョウセンレンギョウ(朝鮮連翹)の3種類が知られている。花の形などで区別されるが、見分けるのは難しい。
春に咲かせる黄色い花の後には夏から秋に実ができ、その実は古くから漢方薬として利用されてきた。解熱、消炎、利尿や鎮痛などの薬効がある。

希望にあふれ、期待に胸膨らませる春。黄色い花に元気をもらえそうだ。

花言葉:希望、集中力、情け深い、とまどい、期待

レンギョウ(連翹):モクセイ科レンギョウ属の落葉低木

花便り~レンギョウ

 
Facebook Like!


The following two tabs change content below.

佐々木 玲

東京都出身。多趣味。日本の伝統文化、芸術、自然をこよなく愛する。「日本ならでは」な、あらゆるもの好き。日本人でよかったと思える情報の発信を目指す。 現在、冬に溜めこんだあらゆるものをデトックスすべく、体を張って実験中。

最新記事 by 佐々木 玲 (全て見る)

ピックアップ記事

  1. 保育士1人に対する子どもの数は? OECD保育白書
    OECD(経済協力開発機構)が発表した『OECD保育白書2017年度版』で、就学前の早期幼児教育およ…
  2. 遅すぎるグリーン成長 各国進歩見られず
    OECDは20日、1990年から2015年までの経済成長と自然環境への圧迫のバランスについて世界46…
  3. 上野公園でハスの花が咲き始め
    上野恩賜公園(東京都台東区)にある不忍池で、今年もハスの花が咲き始めた。あいにくの雨天にも関わらず、…

アーカイブ

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

 


ページ上部へ戻る