タグ:環境

  • 理研 30秒毎の超高速降水予報の手法を開発

    30秒ごと10分後までリアルタイム降水予報が可能に 理研が実証実験

    理化学研究所の研究チームなどで構成された国際共同研究グループが4日、30秒ごとに更新する10分後までの超高速降水予報が可能な「3D降水ナウキャスト手法」を開発したと発表。降水予報のリアルタイム実証を3日から開始した。 …
  • 遅すぎるグリーン成長 各国進歩見られず

    「グリーン成長」鈍化 OECD報告

    OECDは20日、1990年から2015年までの経済成長と自然環境への圧迫のバランスについて世界46カ国のランク付けをした『環境成長指標2017年版(Green Growth Indicators 2017)』の新報告書…
  • 今日は「夏至」 夜8~10時はライトダウンで地球に優しい夜

    今日は夏至。「夏至」は北半球では、一年のうちで最も昼(日の出から日没まで)の時間が長く、夜が短い日だ。日本だけでなく外国、特に日差しが貴重な欧州諸国では祭りも行われるという特別な一日。日本国内でも、夜8~10時にライトダ…
  • 北京にエコシェア自転車登場! 交通混雑への緩和策に 

    北京にエコシェア自転車登場! 交通混雑への緩和策に 

    今年の旧正月を過ぎたあたりから、北京に新たな都市風景がお目見えした。駅前や道端にずらりと列をなして並ぶ数10~数100台の自転車。北京で新たに登場したシェアリングビジネス、エコシェア自転車だ。北京市民の貴重な足である自転…
  • 「環境に優しい」Tシャツめぐり、ドイツで賛否両論

    「環境に優しい」Tシャツめぐり、ドイツで賛否両論

    ファッションストアチェーンのC&A(本社ベルギー/ドイツ)が、「100%有機ゴミとして還元できる」とうたったエコTシャツの販売を発表。これが思いがけず、環境団体などから反発を招いている。20日付のヴェルト紙が伝えた。 …
  • 沖縄県レッドリストを改訂

    沖縄版レッドリスト改訂 4種が新たに絶滅種に

    沖縄県環境部自然保護課は16日、1996年に作成した「沖縄県の絶滅のおそれのある野生生物(レッドデータおきなわ)-動物編-」の第3版を発刊したと発表した。2005年に発刊された第2版から12年ぶりの改訂となり、絶滅のおそ…
  • _「環境人材」の育成を推進 優秀な取組企業を表彰

    「環境人材」の育成を推進 優秀な取組企業を表彰 環境省

    環境省は22日、「環境 人づくり企業大賞2016」の表彰式を行う。地球環境と調和した企業経営の実現のため、自ら進んで行動する社員の育成に取り組んだ企業に賞が授与される。今年は応募総数57件の中から環境大臣賞2件を含む、計…
  • 日本の美しい森を多くの人に お薦めの国有林を選定 林野庁

    日本屈指の美しい国有林93カ所を選定 林野庁

    林野庁は「日本美しの森 お薦め国有林」を全国で93カ所選定したことを4月28日に発表した。選定された国有林は今後3年かけて多言語による標識類の設置や情報発信、環境整備などを行い、多くの人が日本の美しい森林景観を味わえるよ…
  • 【コラム】変わる「エコ」、関わり方多様に アースデイ東京 

    【コラム】変わる「エコ」、関わり方多様に アースデイ東京 

    4月22日のアースデイに合わせ、東京・代々木公園でも啓発イベント「アースデイ東京」が開かれた。「地球環境について考える」というと、以前は日本ではなく遠い国の環境保護を考えたものだが、今は「身近な行動から変えていく」という…
  • 海洋ごみについて考える「出前講座」実施校を募集 環境省

    「海洋ごみ」学ぶ出前講座、高校で実施 環境省が実施校募集

    環境省は21日、海洋ごみに関する出前講座を実施すると発表した。海洋ごみの専門家を学校に派遣して約1~2時間程度の講義を行うというもの。対象は全国の高等学校、高等専門学校で、募集数は15校程度。講師の派遣にかかる費用(交通…
  • 国立公園と生物多様性について考える 5月13日にシンポジウム開催

    「生物多様性と持続可能な観光シンポジウム」開催 環境省

    環境省は5月13日、「生物多様性と持続可能な観光シンポジウム~国立公園のインタープリテーションを考える~」を開催する。国連の国際生物多様性の日(5月22日)に合わせた企画で、これからの国立公園や、自然・文化・歴史(遺産)…
  • 全国各地で4/22以降に開催! 地球のことを考える「アースデイ」

    地球のことを考える 「アースデイ」に行こう

    4月22日は何の日だかご存知だろうか。この日は「アースデイ」、つまり“地球の日”だ。地球環境について考える機会となるようにと、毎年世界中で関連イベントが開かれており、これまで170カ国50億人が参加したという。日本でも1…
  • 環境省、海洋生物のレッドリストを新たに更新

    環境省、海洋生物のレッドリストを新たに公表 56種が絶滅危惧

    環境省は17日、海洋生物のレッドリストを新たに公表した。これまで生息状況を評価していなかった種について今回取りまとめた結果、56種が絶滅の恐れがあるとされ、1種はすでに絶滅したとしてリストに掲載された。 環境省版レ…
  • ドイツで「マイカー断食」 協会および環境保護団体が呼びかけ

    ドイツで「マイカー断食」 教会および環境保護団体が呼びかけ

    イースター(復活祭)までの40日間を断食期間とするキリスト教の習慣にちなみ、ドイツで教会および環境保護団体などが「マイカー断食」を呼びかけている。2月28日付の南ドイツ新聞が報じた。 今年のイースターは3月17日だ…
  • 福島第一原発事故の影響を気にする中国 実際は

    福島第一原発事故の影響を気にする中国 実際は

    中国でにわかに福島第一原子力発電所の放射線量への関心が高まっている。同発電所で新たな事故等は起きていないが、中国メディアが先日東京電力が発表した2号機の「格納容器内部の放射線量」の数値を取り上げ、福島近辺の危険性をクロー…
  • 霊長類の約60%が絶滅の危機

    霊長類の約60%が絶滅の危機

    米イリノイ大学のポール・ガーバー教授は18日、霊長類の約60%が絶滅の危機に瀕しており、約75%が衰弱して個体数が減少していることを発表した。米科学誌「サイエンス・アドバンシズ」に掲載された。 私たちと生物学的に近…
  • 石西礁湖海域のサンゴ白化減少 WWFが所感表明

    石西礁湖海域のサンゴ白化現象 WWFが所感表明

    西表(いりおもて)石垣国立公園の石垣島と西表島の間の石西礁湖(せきせいしょうこ)海域のサンゴの白化現象について、環境省は10日、調査地点における白化した群体の7割で全体が死滅したと発表。これに対して、12日に世界自然保護…
  • 北極圏で前例のない暖かな気温、雪や氷の大幅な減少に NOAA

    北極圏で前例のない暖かな気温、雪や氷の大幅な減少に NOAA

    米海洋大気局(NOAA)は13日、最新の「北極圏報告カード」を発表。今年は、北極圏での前例のない暖かな気温が秋の海氷凍結の記録的な遅れを引き起こし、グリーンランドの氷床と陸上積雪が広範囲で溶け出していると報告した。 …
  • “使い捨て”脱却へ 繰り返し使える「フライブルクカップ」(ドイツ)

    環境保護の理念に基づいた街づくりで知られるドイツ南西部のフライブルク市。同市で、使い捨てカップの消費を減らすことを目的に、デポジットカップを使用するプロジェクト、「フライブルクカップ」がスタートした。22日付のフランクフ…
  • スマホ短期利用は環境破壊? グリーンピース・ドイツが訴え

    グリーンピース・ドイツは、スマートフォンやタブレットのごくわずかな修理を可能にすることによって、年間1000トンの天然資源を節約できると訴えている。11日付のヴェルト紙が伝えた。 フライブルクのエコ研究所の調査では…
  • 日本の石「ひすい」に 日本鉱物学会

    日本鉱物学会は9月23~25日に開催した2016年の年会・総会において、「日本の石(国石)」をひすいに決定した。同学会の一般社団法人化記念事業の一環。選定ワーキンググループによって選んだ11種の候補の中から、さらに一般の…

ピックアップ記事

  1. エコノミスト誌が最新のビッグマック指数を発表
    英エコノミスト誌は14日、今月時点での「ビッグマック指数」を発表した。世界各国のビッグマックの価格を…
  2. 黄色い桃の時代到来? 品種改良で誕生した「幻の桃」、8月が旬
    夏は桃がおいしい季節。日本では果肉が白っぽい「白肉種」の桃がよく食べられるが、最近は黄色い果肉の桃が…
  3. 殉教者の栄光あらわす、日本二十六聖人記念館 長崎西坂
    梅雨の長崎、豊臣秀吉政権下で殉教した26人のカトリック信者を顕彰して建てられた「日本二十六聖人記念館…

アーカイブ

2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

ページ上部へ戻る