タグ:宇宙

  • 中国版無人宇宙補給線「天舟一号」、打ち上げに成功

    中国版無人宇宙補給線「天舟一号」 打ち上げに成功

    中国航天科技集団公司は20日、日本の「こうのとり(HTV)」のように物資を軌道上に運ぶ、中国初となる無人の宇宙補給船「天舟一号」の打ち上げに成功したと発表した。今後、昨年打ち上げられた宇宙実験室「天宮二号」とドッキングや…
  • 宇宙ごみ

    衛星脅かす宇宙ごみ問題 第7回欧州宇宙ごみ会議で議論

    4月18~21日の会期で、ドイツのダルムシュタットにある欧州宇宙機関(ESA)宇宙運用センターにおいて、第7回欧州スペースデブリ(宇宙ごみ)会議が開催されている。1957年のスプートニク1号の打ち上げ以来、人類は多くの人…
  • JAXA、調布航空宇宙センターを一般公開

    JAXA、調布航空宇宙センターを一般公開

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は23日、普段は見ることができない調布航空宇宙センターを一般公開。施設や研究を紹介するほか、体験・工作イベントや講座などを開く。JAXAで研究している極超音速エンジンの機能…
  • 「みちびき」機体公開 JAXA筑波宇宙センター

    準天頂衛星「みちびき」機体公開 JAXA筑波宇宙センター

    内閣府は7日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の筑波宇宙センター(茨城県つくば市)で、今年打ち上げる予定の準天頂衛星「みちびき」2号機の機体を公開した。 準天頂衛星は、特定の地域の上空に長時間とどまることができる衛…
  • JAXA「国際宇宙会議」学生参加者募集 26日まで

    JAXA「国際宇宙会議」学生参加者募集 26日まで

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、9月にオーストラリアで開かれる国際宇宙会議(IAC)での学生派遣プログラム参加者を10人程度募集している。締め切りは26日まで。 IACは、各国の宇宙機関の長、研究者、企業、学生…
  • 『明月記』『宋史』のオーロラ記録、科学的に証明

    『明月記』『宋史』のオーロラ記録、科学的に証明

    現代の観測結果などから過去の巨大磁気嵐の発生パターンが解明され、鎌倉時代の『明月記』など古典籍に残されたオーロラの記述が科学的に確かめられた。国立極地研究所、国文学研究資料館、京都大学などの共同研究グループによる研究で、…
  • 火星でジャガイモを栽培できるか? 火星似の砂漠土で実験

    火星でジャガイモを栽培できるか? 火星似の砂漠土で実験

    南米ペルーの首都リマにあるインターナショナル・ポテトセンター(CIP)は8日、ジャガイモが火星の大気条件下で栽培でき、さらには地球の極端な気候条件下でも栽培できることを証明する実験の結果を発表。結果内容は肯定的なものだっ…
  • NASAが提案 火星の環境を改造する「テラフォーミング」、その内容は

    NASAが提案 火星の環境を改造する「テラフォーミング」、その内容は?

    サイエンス・フィクション(SF)や漫画では、人類が地球以外の惑星で居住する姿がしばしば描かれる。その中には、人類が居住できる環境に惑星を改造する「テラフォーミング」を扱っているものもある。米航空宇宙局(NASA)は203…
  • スペースX、民間人を来年に月周回旅行へ

    スペースX 2018年、民間人を月周回旅行へ

    米民間宇宙企業スペースXは、来年後半に2人の民間人を乗せて月を周回する旅に飛び立つと2月27日に発表した。アポロ計画で用いられた歴史的な米ケネディ宇宙センター39A発射台から打ち上げられる。アポロ計画以来45年ぶりで、人…
  • 40光年先に7つの地球サイズ惑星を発見 その環境は?

    40光年先に7つの地球サイズ惑星を発見 その環境は?

    米航空宇宙局(NASA)は23日、赤外線天文衛星「スピッツァー」を使った観測で、地球からわずか40光年の距離にある1つの恒星の周りに、7つの地球サイズの惑星があることを発見したと発表した。これらの惑星のうち、内側から4番…
  • 三日月に寄り添う「宵の明星」

    三日月に寄り添う「宵の明星」

    2日の日没後、南西の空に細い三日月と寄り添うように宵の明星(金星)が浮かんだ。三日月は「地球照」と呼ばれる現象で、月の欠けて暗く見える部分が地球に照らされてうっすらと見えている。 2日に続き、3日の夜には火星が月に…
  • HISとANAが宇宙旅行に向けた資本提携 ベンチャーに出資も

    HISとANAが宇宙旅行に向けた資本提携 ベンチャーに出資も

    HISとANAホールディングスは、宇宙旅行や宇宙輸送の実現に向けて国内唯一の有人宇宙機開発ベンチャーPDエアロスペースと資本提携したと、1日に発表した。民間主導で宇宙機開発を推進し、2023年12月の商業運航開始を目指す…
  • お茶の水女子大が宇宙講演会

    お茶の水女子大学(東京都文京区)理学部は12月10日に宇宙に関する講演会「子どもから大人まで宇宙に夢中!」を開催する。 講演は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)・廣瀬史子主任研究員による金星探査機「あかつき」の軌道…
  • 大西宇宙飛行士の帰還パブリックビューイングを開催

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)は30日、国際宇宙ステーション(ISS)に滞在している大西卓哉宇宙飛行士が帰還する予定に合わせ、ライブ中継にてパブリックビューイングを実施する。ライブ中継の放送時間は午後0時45分~午後2…
  • 火星探査機「スキャパレリ」、火星に激突か

    欧州宇宙機関(ESA)は21日、火星の周回軌道上にある米航空宇宙局(NASA)のマーズ・リコネッサンス・オービター(MRO)が、火星表面に、(火星探査機)「スキャパレリ」の衝突跡と見られる痕跡を見つけたと発表した。 …
  • 衛星軌道上に史上初の宇宙国家「アスガルディア」設立計画

    ウィーンにある航空宇宙国際研究センター(AIRC)創設者である、ロシア国籍のイーゴリ・アシュルベイリ氏は、12日、パリで記者会見を開き、衛星軌道上に「アスガルディア」という史上初の宇宙国家を設立する計画を発表した。国名は…
  • すばる望遠鏡の公開レクチャーを長野と広島で開催

    国立天文台主催のすばる望遠鏡についての公開レクチャーが、11月23日に信州大学松本キャンパス(長野県松本市)で、11月27日に広島市こども文化科学館(広島市中区)で開催される。 公開レクチャーでは、すばる望遠鏡で研…
  • 過去7年間で月面に222個の新しいクレーターが誕生

    過去7年間で、月面に少なくとも222個のクレーターが新たにできたことがわかった。アリゾナ州立大学のシニア・エンジニアであるエマーソン・シュパイヤー氏が英科学誌『ネイチャー』で12日に発表した。 月の表面にあるクレー…
  • 国立天文台が施設を公開 「三鷹・星と宇宙の日」 

    国立天文台が21~22日、三鷹キャンパスで特別公開イベント「三鷹・星と宇宙の日2016」を開催する。「重力波が拓く天文学」をテーマに、国立天文台、アストロバイオロジーセンター、東京大学天文学教育研究センター、総合研究大学…
  • 木星の衛星エウロパで水蒸気吹き上がる NASA

    米航空宇宙局(NASA)は27日、ハッブル宇宙望遠鏡による観測で、木星の衛星エウロパ上で柱状に噴き上がる水蒸気とみられるシルエットを見つけたと発表した。 エウロパの凍った表面から160km以上、おそらくは200km…
  • JAXA地球観測センターで秋の施設一般公開

    宇宙航空研究開発機構(JAXA)の地球観測センター(埼玉県鳩山町)は、10月2日に施設を一般公開する。普段は見られない同センターの設備が見学できるほか、宇宙から見た地球の画像の展示、講演会、クイズラリーなどが行われる。入…

ピックアップ記事

  1. 睡眠中にSTPDケア トラウマ記憶が音で減弱することをマウスで確認
    筑波大学と英オックスフォード大学の共同研究グループは、マウスを使った実験で、睡眠中にトラウマ(心的外…
  2. トヨタ、リハビリ支援ロボットを製品化
    トヨタ自動車は12日、脳卒中などによる下肢麻痺のリハビリテーション支援を目的としたロボット「ウェルウ…
  3. 国立公園と生物多様性について考える 5月13日にシンポジウム開催
    環境省は5月13日、「生物多様性と持続可能な観光シンポジウム~国立公園のインタープリテーションを考え…

アーカイブ

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

Follow me!

FacebookいいねやTwitterフォローで、更新情報を受け取れます!

ページ上部へ戻る