バーチャルリアリティはオンラインカジノ業界にどのような影響を与えますか?

オンラインカジノ業界はいつも新技術の最前線にいる。そして、今ネットカジノ界が注目しているのはVR(バーチャルリアリティー)である。 まずは、VRそのものについて説明しておこう。 VR:本物さながらの環境を、利用者の五感で体感できる技術・体系のこと。 「VR」と聞いて、人間がゴーグルをしてゲームなどをプレイする姿を想像する人は多いだろう。彼らは360°に広がる仮想空間を体感しているのである。 そういったゲームの他には、YouTubeの動画にも一部VR視聴に対応しているものがあるのが有名だ。 平成30年の夏頃には、オンラインカジノ界にもそのVRテクノロジーがついに導入される。 その口火を切るのは、ネットギャンブル業者に様々なカジノゲームを提供しているネットエント社だ。 実は平成29年の2月にはすでに人気ゲームの「ゴンゾーズ・クエスト(Gonzo’s Quest)」のVR版、その施策バージョンを公開している。 その試作版でも、もちろん最先端技術の高いクオリティは感じられた。 しかし、やや動作が荒いなどの難点があった。 そして、その部分が改良され、滑らかになり、よりカジノゲームの世界観に没入できるようになったのが、正式版にあたる「ゴンゾーズ・クエストVRオペレーター対応バージョン」である。実は、すでに今年の2月に行われたゲーム発表会にて公開されている。 一般人の我々がこれをプレイできるようになる夏を待ち遠しく感じている方々も多いだろう。 ちなみに、VR搭載のオンラインカジノスロットはこれが世界初だ。 さて、日本も常にテクノロジーの最前線にいる。オンラインカジノ企業にVRソリューションを提供する日本企業は現れるのだろうか。 日本にはVR関連事業に取り組んでいる企業がすでに500社を超えているという説がある。その中の企業が、VRオンラインスロットなどの開発に乗り出すことは大いに考えられる。 また、そもそも日本のVRの市場規模は加速度的に拡大しているし、日本のオンラインカジノプレイ人口も増えてきている。 つまり「オンラインカジノ企業にVRソリューションを提供する」ということは、成功を約束されたようなものなのである。 そして、日本を含めた世界の開発会社に特に求められているのは「ライブカジノ」のVR化であろう。 これが実現されれば自室でゴーグルを付けるだけで、リアルカジノをほぼそのまま体験できるようになるだからだ。 ネットエント社に負けていてはいけない。追い越すつもりで日本企業にも邁進してほしいものである。

多摩動物公園 ニホンコウノトリの繁殖、30年連続成功

多摩動物公園は11日、ニホンコウノトリのヒナ1羽が3月にふ化したと発表。これにより同園は今年で30年連続の繁殖成功となった。ふ化したヒナは順調に生育しており、子育ての様子はコウノトリ舎の大ゲージで観覧通路から見ることができる。 同園では遺伝的多様性管理を目的にニホンコウノトリの繁殖を行っている。1988年に日本で最初の飼育下での繁殖に成功して以来順調に繁殖が続いてきた。同園の活動は飼育下でのニホンコウノトリの個体数維持に貢献している。同園での飼育状況は11日現在で、オス29羽、メス25羽と、今回ふ化した1羽(性別不明)の合計55羽。なお、国内全体では18施設、197羽(オス102羽、メス95羽)が2017年2月1日時点で飼育されており、同園は国内の約4分の1を占めている。 ニホンコウノトリはコウノトリ目コウノトリ科。国際自然保護連合(IUCN)レッドリストでは絶滅危惧1B類で国の特別天然記念物。明治以前には日本でも一般的に見られた鳥だったが、乱獲や農薬等、環境の変化により野生のものは日本から姿を消した。

野生ゴリラの生息数、壊滅的に激減 77%減少でわずか3800頭に

世界最大の霊長類であるグラウアーゴリラ(ヒガシローランドゴリラ)の生息数が激減していることがわかった。このまま保全措置を取らなければ、あと5年ほどで絶滅してしまうかも知れない。米国の野生生物保護協会(WCS)のアンドリュー・プランプトリ氏らによる論文が、19日に米科学誌プロスワンに掲載された。 20年で77%減少 グラウアーゴリラの生息域は、コンゴ民主共和国(DRC)東部のカフジビエガ国立公園に限定される。1994年のルワンダ大虐殺により、数十万人の難民がDRCに押し寄せ、1996~2003年にはDRCで内戦が生じた。ゴリラの生息範囲にもいくつかの武装グループが存在し、彼らはゴリラを含む野生動物を狩猟して食用としたり、他の地域に密輸したりした。ゴリラは法律で保護されていたが、その体の大きさと、チンパンジーなどの他の大型霊長類に比べて地上を移動するため追跡しやすく、銃で比較的容易に殺すことができたことから、野生動物の肉として珍重された。また、同時に武装グループにより森林も破壊された。その結果、内線が始まる前の1994~1995年の調査で1万6900頭と推定された野生のグラウアーゴリラの数は、2011~2015年の調査では、わずか3800頭と推定され、77%の減少となった。 ゴリラ属全体が「深刻な危機」に マウンテンゴリラとグラウアーゴリラは、いずれもヒガシゴリラの亜種だ。国際自然保護連合(IUCN)種の保存委員会(SSC)が提供する「絶滅のおそれのある生物種のレッドリスト」のカテゴリーでは、マウンテンゴリラは、絶滅危惧の「深刻な危機(CR)」に分類されている。グラウアーゴリラは、これまで絶滅危惧の「危機(EN)」に分類されていたが、今年度版で「深刻な危機(CR)」に更新された。「深刻な危機(CR)」に分類されるのは、3世代かけて80%以上減少した場合。一般的にゴリラは30~40年生きるが、グラウアーゴリラは平均で1世代が20年である。今回の結果は、1世代だけで少なくとも77%減少したことを示している。 マウンテンゴリラとグラウアーゴリラのどちらも「深刻な危機(CR)」となったことで、ヒガシゴリラ種全体としても「深刻な危機(CR)」に分類された。また、ニシゴリラ種は2007年から「深刻な危機(CR)」に分類されていたため、結果として、ゴリラ属全体が「深刻な危機(CR)」に分類されることとなった。 グラウアーゴリラの壊滅的な衰退を逆転させるには、かなりの努力が必要となる。たとえば、現在でも鉱山労働者は、彼らのキャンプ周辺の野生動物の肉で生計を立てているため、保護地域内での採掘を停止する必要がある。このため、著しく大きな保護の取り組みがなされない限り、あと5年ほどでグラウアーゴリラが絶滅する可能性がある。 画像提供:ウィキペディア(カフジビエガ国立公園)

6月11日、多摩動物公園でタスマニアデビルに会える! アジアで唯一

多摩動物公園で飼育することになった絶滅危惧種「タスマニアデビル」が11日に一般公開される。お披露目会が10時半から開かれ、11時から一般公開。同日に記念講演会やスタンプラリーなどの関連イベントも行われる。タスマニアデビルを飼育する施設はアジアでは同園のみとなる。 オーストラリアのタスマニア州政府が2003年から保全活動に取り組み、その一環として2013年から海外の動物園がタスマニアデビルの飼育を通じた普及啓発活動を行うプログラムが始まった。多摩動物公園がこのプログラムの参加が認められ、今回の来園につながった。 今回、同園で飼育されることになったのは3歳のメス2頭。名前はマルジューナとメイディーナで、先住民族の言葉でそれぞれ「星」と「影」という意味だという。5月31日にタスマニア州のトロワナ・ワイルドライフパークから送られた。 タスマニアデビルは国際自然保護連合(IUCN)レッドリスト掲載の絶滅危惧種。オーストラリアのタスマニア島に生息しており、現存する肉食有袋類としては世界最大種で、頭胴長は約60cm、尾の長さは約25cm。夜行性で、黒い体色と集団で餌を食べる際に発する鳴き声から「デビル」と呼ばれたとされている。

ドイツ人口の5人に1人はルーツが外国人

ドイツ連邦統計庁の発表によると、ドイツの人口の5人に1人は外国人のルーツを持っており、この割合は若年層になるほど多くなることが明らかになった。16日付のフランクフルターアルゲマイネ紙オンライン版が伝えた。 この統計で定義される「外国人のルーツを持っている」とは、本人、または両親の少なくとも一方が出生時にドイツ国籍を持っていなかった場合を指し、この中にはドイツ生まれの場合と、外国で生まれてドイツに移民した場合の両方が含まれる。なお、昨年ドイツは大勢の難民を受け入れたが、まだ正式に難民申請が認可されていない第一段階の受け入れ状態にある難民は今回の統計に含まれていない。 ドイツの人口に占める外国人のルーツを持つ人の割合は、5人に1人に当たる20%で、1710万人に上る。これは昨年比で4.4%増加しており、過去最高の数字を記録。年齢層別では未成年だとさらにこの割合が増えて3人に1人が外国人のルーツを持っている。一方で、年金生活者の場合はこの割合は減り、10人に1人以下であることが明らかになった。 「外国人のルーツ」の中で最も多い国はトルコ、ポーランド、ロシアの3カ国。さらにトルコと並んで多くのガストアルバイターと呼ばれる外国人労働者をドイツに送り出したイタリア、ギリシャ出身者も多くを占めている。 (写真はイメージ)

日本科学未来館でノーベル賞イベント、発表の瞬間の生中継も

日本科学未来館は、今年ノーベル賞受賞が予想される研究者・内容や歴代の受賞内容を紹介するイベント「どうなる!? どうなった!? 2016年のノーベル賞」を18日から10月31日まで開催する。10月初旬に2016年のノーベル賞が発表されるのに合わせ、自然科学3賞(生理学・医学賞、物理学賞、化学賞)について、歴代受賞者と今年予想される受賞内容やその波及効果を紹介する。 今年のノーベル賞の発表は、生理学・医学賞が10月3日、物理学賞が4日、化学賞が5日に行われる。受賞者発表前は、同館の科学コミュニケーターが予想する「受賞にふさわしい人・テーマ」について、発表後は今年の受賞者とその対象となった研究について、パネル展示とサイエンス・ミニトークで紹介。発表当日には、インターネット番組「ニコニコ生放送」で、同館の科学コミュニケーターが各賞の近年の傾向や今年の予想などを解説する。 【施設情報】 日本科学未来館 東京都江東区青海2-3-6 TEL:03-3570-9151 ホームページ:http://www.miraikan.jst.go.jp 開館時間:10:00~17:00 火曜日・年末年始休館

「世界一美しい」スターバックス 富山環水公園店

運河沿いに佇む別荘のような、上品な雰囲気の建物がある。スターバックス富山環水公園店は「水と芝生が広がる公園内の憩いの場」をテーマにデザインされた店舗で、2008年には世界一美しい店舗としてストアデザインの最優秀賞を受賞している。全面に張られたガラスには青空が映り込み、緑の芝生と木目の建物が目をひく。自然と一体化した開放的なカフェでは、ゆったりとした時間が流れていた。 【店舗情報】 スターバックスコーヒー 富山環水公園店 住所:富山県富山市湊入船町5 富山富岩運河環水公園 電話番号:076-439-2630 開店時間:8:00~22:30 定休日:不定休

セネガルでマラリア対策に蚊帳配布 子供向けに使用法をイラスト化

NPO法人マラリア・ノー・モア・ジャパン(Malaria No More Japan)は、マラリア予防のために、防虫蚊帳2000張をアフリカ西部のセネガル共和国で配布すると3日に発表した。配布は今回で2回目。蚊帳のパッケージにイラストを使い、文字が読めない子どもたちでもマラリアと蚊帳の正しい使用方法を理解できるように工夫している。 マラリアはメスのハマダラカを媒介して感染する、熱帯および亜熱帯地域固有の風土病で、2014年には96の国と地域で感染が報告されている。世界保健機関(WHO)の「World Malaria Report 2015」によれば、2014年のマラリア患者数は約2億1400万人で、推定44万人がマラリアにより死亡している。 配布する蚊帳は、住友化学が独自技術により開発した蚊帳で、洗濯をしても効果が5年以上持続するという。ポリエチレン製のため丈夫で破れにくく、熱帯の地域でも通気性が確保されるよう、蚊帳の穴の形状を工夫している。 今回の蚊帳の配布は、寄付金を募る際、寄せられた金額に対して企業が同額を上乗せして寄付する「マッチング寄付」の形で実現。蚊帳は現地の非政府組織(NGO)を通して6月に首都ダカール周辺の村で複数回に分けて配布される。

花便り~ネコヤナギ

銀白色の毛衣をまとって、見ているだけでも温かくなりそうなこの枝、ネコヤナギ。 尾のような花穂がネコのしっぽに見えるところからこの名がついたといわれるが、花を小犬の尾にたとえた「狗尾柳(エノコロヤナギ)」という別名もある。北海道から九州まで広い範囲の河川敷などに自生している。 この毛の中には何が入っているのか、ずっと気になっていたが、実はこれがこのまま花となる。雌雄異株で、3~4月ごろ、雄株と雌株がそれぞれ毛に覆われた雄花と雌花を咲かせる。ヤナギ科の植物は解熱や鎮痛などの薬効があり、古くからかぜの症状などに用いられていた。 まだ寒い日が続くが、部屋に飾り、目に温かくするのもいい。水に生けたこの枝から根が生えてくることもあるという。ネコと呼ぶかイヌと呼ぶかは、どうぞご自由に。   花言葉:自由、努力が報われる、親切、思いのまま ネコヤナギ(猫柳):柳(ヤナギ)科ヤナギ属の落葉低木

QSアジア大学ランキング、東大13位にダウン 国際性がネック

英国の大学評価機関クアクアレリ・シモンズ(QS)は15日、アジア大学ランキングを発表した。1位は3年連続でシンガポール国立大学(NUS)、2位は2年連続で香港大学となった。日本の大学は、東京大学が昨年から1つ順位を落として13位、東京工業大学が1つ順位を上げて14位、京都大学が15位、大阪大学が17位となった。例年と同様、東大をはじめ、日本の大学は国際性に関係する指標で上位の大学に差をつけられる結果となった。 評価指標は、昨年と同様「研究者による評価」(30%)、「雇用者の評価」(20%)、「教員と学生の比率」(15%)、「論文引用数」(10%)、「教員あたりの論文数」(10%)、そして「国際性」に関係する「外国人教員比率」「留学生比率」「交換留学生受け入れ比率」「交換留学生送り出し比率」の4つ(ともに2.5%)。今年はそれに「博士号をもつ職員の比率」(5%)が追加された。 東大は「研究者による評価」と「雇用者の評価」では他の上位校と同様に100点満点を取っており、評判に関してはトップレベルであるといえる。一方、国際性に関する4指標は100点満点中それぞれ24.4点(154位)、54.0点(64位)、11.7点(122位)、9.3点(168位)と、例年同様に振るわない結果となった。「交換留学生受け入れ比率」は点数、順位ともに昨年より改善されたものの、他の3指標は下がった。京大や阪大も同様に国際性で上位校に差をつけられている。 今回大きく躍進したのは中国の清華大学で、昨年の11位から5位に上がった。近年の国際化が功を奏しているといえる。今年は奨学金付き修士プログラム「シュウォースマン・スカラーズ・プログラム(Schwarzman Scholars Program)」を開始し、国内外から優秀な人材を迎え入れようとしている。 トップ20は以下の通り。   なお、アジア大学ランキングは英国の高等教育情報誌『タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)』も毎年出しており、同ランキングでは東大は例年1位となっている。2016年版は21日に発表される予定